【EIMEI-TOP】勉強は楽しいかい?

#よこちんのブログ

 

9月から始まったSS60も、気が付けば5回目。

まだ少し暑かったころから、すっかり季節は冬になってきた。

 

公立入試まで約100日。私立・国立入試はもっと近い。

 

SS60の受講生に向けて、この100日をどう過ごすべきか。こんな話をさせてもらった。

SS70の生徒。EIMEI-TOP生はぜひ読んでほしい。

 

保護者様もぜひお読みください!

 

========

君たちは、勉強が楽しいかい?

これに、「はい!」と頷ける人は少ないと思う。

勉強って大変なことの方が多いし、うまくいかないことの方が多い。

出来るならば、やりたくない。だらだらしたい、もっと寝たい。

それが、受験生の本音。

そしてそれが、殆どの小中高生の本音だと思う。親や先生からどんな教育をされようとね。

 

でも、巡り巡って、
勉強が楽しくない理由っていうのは、至ってシンプルだと僕は思う。

 

 

楽しくない理由。

 

それは、君が勉強ができないからじゃない?
今君が、勉強がうまくいってないからじゃない?

 

 

耳が痛い人もきっといると思う。しかし、これが真実だ。

 

 

人生において、
勉強でも、スポーツでも、部活動でも、仕事でも同じことで、
「楽(らく)」をし続けるのって、すごく簡単。

 

でも、「楽(たの)しく」あり続けるのはとても大変。

 

スポーツでも、練習しない方が楽だよね。
仕事も、しないほうが楽だよね。

 

僕も、今の塾の先生という仕事は、楽しいし、毎日やりがいも感じている。

しかし、大変なことも多い。

これは、塾の先生に限らず、全ての仕事において言えること。

 

勉強が楽しくないのは、すべからく自分が勉強ができないからだから。

 

今、仕事が楽しくないなと感じている大人がいたとしたら、
それはきっと仕事がうまくいってない、つまり「仕事ができていないから」だと思う。

 

じゃあ、スポーツでも、勉強でも、
楽しむためには何が必要か。

 

何かを楽しむためには、

自分の実力に真摯に向き合うことが必要なんだ。

 

 

自分が今できないこと、楽しめないことから逃げてはいけない。

 

 

自分の弱さを知ること。
何ができて何ができないかを知ること。

 

 

そうやって、知った先にある快適さを味わった時、初めて勉強が楽しいって思えるんだ。

 

SS70は、数学の解答が配られない、たった10問の問題に10時間かけて取り組む人がいる。

 

SS60はどうか?正直、2時間以上かけてる子なんかいないよね?短くて30分とか?下手すりゃ、写してる人もいるだろね。

 

でも、そうやって。

自分の実力と真摯に向き合ってない人って、絶対勉強がつまんないと思うんだよね。

 

一方、10時間かけて数学の問題を解いてる人。きっと苦しいはず。やってる瞬間は逃げ出したくなるかもしれない。それは、自分の実力に真摯に向き合ってるからこそだ。

 

けど、解けた瞬間、やりきった瞬間きっと、めちゃくちゃ楽しんでると思う。快感なはず。

 

勉強に真摯に向き合うこと、努力すること。
それが、「楽しむ」ために必要なのではないかな、と僕は思う。

 

でも、一度、力をつければ、そのあとはずっと楽しいままかといえば、そうではない。

 

スポーツとかで例えると、わかりやすい。
頑張って、辛い練習をして、ずっと勝てなかったライバルに勝つことができた!

 

その瞬間はきっとものすごく楽しいと感じるはず。
けど、さらに練習すればするほど、「できない」ことにぶつかる。

 

やっとの思いで県大会に出場できたとしても、次は関東大会、全国大会。

また、試合を重ねれば重ねるほど、勝てない相手と対戦することになる。

 

できることが増えて、今までなかった強さや実力をつけて、
楽しむことができたとしても、また、負ける。

 

楽しくない時はやってくる。

 

それは、上には上があるから。

 

勉強でも全く同じことが言えますね。

1次関数の難しい問題を解けるようになっても、もっと難しい問題にぶつかる。

 

どうせ楽しくなくなるなら、やっても無駄??

 

ううん、違う。

 

上には上があること、さらに先があることを知ったうえで、何かができるようになる“瞬間”を楽しむんだ。

 

勉強を楽しめる人は、勉強ができるようになる瞬間を知っている人だ。

 

サッカー(をすること)を楽しめる人は、サッカーができるようになる瞬間を知っている人だ。

 

仕事を楽しめる人は、その仕事がうまくいく瞬間を知っている人です。

 

その瞬間があるかないか。

それが、楽しいか、楽しくないかの分かれ目だと、僕は思う。

========

これを聞いてた生徒たちは何を感じ、行動してくれただろう。

欠席で聞けなかった人はもったいなかったね。

 

あと、100日。何かを変える必要なんて全くない。

 

ただ、ひたすらに、目の前のやるべきこと、超えるべき壁。

 

それと真剣勝負する。

真摯に向き合うこと。

 

それを100日続けなさい。

きっと、楽しい瞬間に出会えるから。