【ソヨカふじみ野】燃え盛る瞬間

 

6月だったか、7月だったかな?

 

 

 

忘れちゃった。

 

 

 

そんなある日の授業が終わり、そのあとに事は起こった。

 

 

 

1人のエイメイ生が

 

 

 

プチトマトのように顔を赤くして、

 

 

 

ペンギンのような足取りで前へ来た。

 

 

 

 

 

今から偏差値70取れますか?

川女に行けますか?

 

 

 

 

 

そう聞いてきた。

 

 

 

返答までの間、ほとんどなかったと思う。

 

 

 

行けるよ。本気でやればね。

 

 

 

今考えれば、結構無謀だったかもしれない。

 

 

 

でも、その瞬間に表情が明るくなった

 

 

 

目を輝かせながら、川女に行きたい!なぜならね〜って語り始める。

 

 

 

これは、本気だなって感じた

 

 

 

そのあと隣の208教室へ呼び、改めて話。

 

 

 

結果、川女を志望校へ。

 

 

 

この2年前の出来事が、頭にびちーーーっとこびりついてる。

 

 

 

授業後の、ほんの一瞬の出来事。

 

 

 

石と石を擦ったような一瞬の火花が、

 

 

 

一瞬で大炎へと変わったあの瞬間。

 

 

 

今日も見たんだ。その大炎を。

 

 

  

 

あの時よりも大きな、そして真っ赤な炎を。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人