「あと○歳若かったら、エイメイの授業を受けたかった」

先日は,素敵な卒業式をありがとうございました。

中1も終わりに近づいた2月,忘れもしない雪の降る日に塾の説明会を聞いたのがエイメイとの始まりでした。

先生の熱心な説明もさることながら,受験の体験を話してくれた男子生徒の涙ながらの話が印象的でした。あれから2年の月日が経ちました。

週の半分近くの夜を塾で過ごし,他校の友達とも仲良くなり,塾のあとにはおしゃべりに花が咲き,帰りの遅い子どもにハラハラしながらも,エイメイは子どもにとってかけがえのない場所であったようです。

先生方の熱心な授業,はっきり言って我が子はクラスの落ちこぼれであったにも関わらず,先生は色々なことを教訓として教えて下さったように思います。

塾を選ぶ際に,溢れる程あるチラシの中から目にとまったあのキャッチコピー。

私は広告にあるエイメイが好きでした。大人なら,少しくさいなと思う人間性をうたった宣伝文句でしたが,やはり,それが何より大切なのではないかと思います。

子どもが将来「何になりたい,何をしたい」と問いかけた時に「俺,エイメイの先生になりたい」と言ったエピソードがあります。ならば,自分がどれほど勉強をしなくてはいけないのか,そして,何よりも生徒のためにどれだけ頑張れるのか…。

でも,子どもに一瞬でもそう思わせてくれた先生方はやはり素敵です。

塾に入った時に担当教科1人1人の先生が我が子について書いてくれた文章。とてもうれしかったのを覚えています。

中3激励会では先生達が自分の体験談を聞かせてくれて…。英語の先生のいつも優しい笑顔の理由が,表現力豊かな色々な言葉で生徒を引っぱってくれた国語の先生,真剣に怒ってくれた理社の先生,そして熱すぎる位の塾長の情熱があっての今日でした。

受験生で本来なら一番勉強しなくてはならないのに,それから逃げてしまい,勉強以上に他のことでご迷惑やご心配をかけてしまいまして本当に申し訳ありませんでした。

エイメイは卒業しますが,15歳の子どもの心には,きっと大きな財産となって心に残っていくことと思います。今までご指導ありがとうございました。本人になり代わりまして,お礼の言葉とさせていただきます。

私もあと○○歳若かったら,エイメイの授業を受けてみたかった母でした。


倍率1・5倍オーバー 激しい競争の中、川越南高校に合格した男子の受験体験記を掲載。

本人直筆の受験体験記

※プライバシーに配慮して掲載


ーーーーーーーーー

僕は、この受験という経験を経て、

人として少し成長できたと思います。

僕が行きたい高校と出会ったのが中学2年生の3学期でした。

僕が志望していた高校は偏差値も高く、人気もあったので

僕は塾に入って勉強を頑張ろうと決心しました。

最初は、見に来た塾がエイメイで、その他にもいくつか見て決めようと思いましたが、エイメイの授業を受けて、

僕はここじゃないとダメだと思いました。

そうして、僕は友達と一緒にエイメイ学院に入塾しました。

僕はもともと勉強があまりできないので、定期テストすらいつも真ん中あたりでした。

ですが、エイメイに入ってからは定期テストで上位30人には安定しては入れるようになりまいした。

とてもうれしかったです。

自分でも学力が上がっているのは実感していたし、このままいけば大丈夫、と思っていましたが、

初めての北辰テスト、結果はD判定。

2回目の北辰もD判定。

夏期講習明けの北辰、少し上がったけれどC1。

その次もC1。

本当にこのままでいいのだろうか。

そう何度も思いました。

そして、僕は得意教科を作ろうと、決心しました。

友達の1人に社会がとても得意な子がいて、その子の影響もあり、奥は中学社会を1週間半で終わらせ、偏差値も10あげることができました。

その友達には感謝しかありません。

そうして、僕の偏差値は少しずつ上がっていきました。

次にぶつかった壁が、学校選択問題です。

英語か数学、どちらかを得意にしようと決め、

英語を猛勉強しました。それでも、僕の判定はD判定からB判定までしか伸びませんでした。

しかし、僕の両親は受けることを反対せず、応援し続けてくれました。

僕はその応援に報いるために、残りの時間も精一杯勉強に費やしました。

迎えた受験当日、倍率も高くて不安でした。

ケアレスミスもしたし、思うようにいかない教科もありました。

それでも僕のこの1年間をそのテストにしっかりとぶつけられたような気がしました。

結果は合格。

めちゃくちゃうれしかったし、一生忘れないと思います。

この1年間でたくさんのことを乗り越えてこれました。

本当にありがとうございました。

エイメイで学べて幸せでした。


「周りには合格は厳しいと言われました。でも、エイメイは応援してくれました。」
あの子はいつも塾のことをいろいろ私に話してくれました。とても楽しかったんだと思います。先生方のお話がおもしろくて,楽しくて,新鮮だったのかな。

本郷中1人でかわいそうかなと思っていましたが,子どもって意外と大丈夫だということがわかりました。無事に第一志望合格もできて,3年生最後のテストでは,これまでの最高順位で終えました。自分の子どもじゃないみたい,すごい!! 本当にありがとうございました。平々凡々のおとなしいあの子でしたので,忘れないでくださいネ。

<母からみた受験体験記>
とうとう受験の年を迎え,目標はテストで400点を超える事でしたが,点数に波があり,テスト結果が出る度,笑ったり,泣いたり,テスト前には先生に,点数UP するようご指導のお願いメールを何度送ったことでしょう。

試験前に子どものプリントをみると《○○ちゃん特別対策プリント》と書いてあり,たくさん生徒がいるのに専用の問題を作ってくれてとてもありがたいなと思っていました。夏休みに入り志望校が決まり,あとは志望校に向かって勉強あるのみ!となりました。ですが思うように点数は伸びず,学校で大人しい子が塾で分からない所を質問できるのか?

私自身が心配になってきて,少人数の塾の方があの子には合っているのではないか。と考えるようになりました。 どうしようか。主人と話し合い,三者面談で先生に私たちの気持ちをぶつけてみようと思い,勢いよく行ったのですが,先生と話をしていくうちに私たちの悩みは解消されました。これから社会に出ていき,いろんな人と関わり合い,生きていかなければならない事,エイメイでは勉強プラス人間関係など,親も子どもの接し方など教わることがたくさんありました。

10月には,入試について細かい説明があり,地方出身の私が埼玉受験を1から10まで把握できました。まず,私立の個別相談に行き,安心して県立に向けて頑張ろうと思った矢先に,中学校の担任から1,2年の成績が足りないので厳しいと電話がありました。

何で今頃言うのか。落ち込みましたし,この受験は無謀なのか。合格させたい気持ちがあり,ランクを下げた方がいいのか。また悩み先生に相談しました。先生が相談の後,わざわざ私立に足を運んでくれて,学力特待生にと推してくださったことで,特待の推薦をいただくことができました。

私立の高校の先生からも優しい言葉をかけられ,うれしかったし胸のつかえが取れた感じがしました。もう迷うことはない。試験の日は刻々と近づき,倍率をみる度,本人以上にドキドキでした。五分五分の確率に挑戦です。

合格発表まではとても長く感じられ,発表前日は眠れなかったです。当日は少し遅れてみに行くことにしました。合格した他の子の歓声を耳にしたくなかったので・・・
雨降る寒い日,二人でカサをさしながら,合格発表掲示板の前に立ち,番号を探した・・・

泣きじゃくる母 「あった!」と呆然とするあの子。二人,顔を見合わせて「良かった あったね!」

泣いて 笑って 怒って 悩んで こうして長かった受験は終わりました。

いつも私が悩む度,的確なアドバイスを頂き,毎回救われていました。 ありがとうございます。

エイメイでは 一人ひとりの個性を大事にしてくれた事。卒業式で卒業証書を渡すときのメッセージ,とても感動しました。あの子は看護師という夢に向かってはばたきます。先生方,本当に感謝しております。ありがとうございました。

たくさんの塾がある中,エイメイに出会えて本当に良かったです。


公立 市立浦和高校合格 山脇威仁(富士見台中卒)
小学五年生の春、僕はエイメイに来た。五年生は僕一人、クラスの中に友達はおらず、初めは不安な
気持ちで授業を受けていた。でも、エイメイの授業は楽しく、すぐに不安はなくなった。それから、エ
イメイの授業に行くことが嫌だったことは一度もなかった。
月日がたち、僕は受験生になった。色々な人と出会いエイメイに行くのが毎週の楽しみになっていた。
しかし、僕は授業を楽しんでいただけで、受験に対して危機感を抱かず、勉強に対して本気にはなって
いなかった。受験学年になってからも、今まで通りでなんとかなるだろうと思っていた。しかし、現実
は甘くなかった。北辰テストでの志望校の判定はふるわず、何度も志望する高校に行くことを諦めよう
と思った。友達と話すときは「余裕だよ」「楽勝でしょ」と決して弱音は吐くことはなかったが、内心
とても不安で心細かった。
そんな状態から僕が勉強に対して本気になり心を変えることができたのは、仲間がいたからだ。「お
前には負けない」と、多くの仲間が僕を目標にしてくれた。だからこそ、恥ずかしい結果で負けるわけ
にはいかない。そのときから本気で勉強に取り組んだ。もし、誰もそんなことを言ってくれなかったら
僕はいつまでも勉強に対する意識が変わらないまま、勉強から逃げていたと思う。また、勉強が嫌にな
るほどやったときも、成績が伸び悩んで苦しかった時期も、仲間が僕を鼓舞してくれたおかげで最後ま
で頑張りきることができた。こんなにも頑張っている仲間に負けたくない。合格発表を全員で笑って迎
えたい。そう思って勉強を頑張った。
入試当日、不安と緊張でいっぱいだった。しかし駅につくと、いつもと変わらない先生たちの笑顔が
あった。「お前には負けないからな」と緊張しているはずなのに、いつもと変わらない調子で言ってく
れた仲間がいた。そして、「行ってこい!」先生が強く背中を押してくれた。そのとき、これまでの努
力、仲間との時間を思い出すことができ、落ち着いて、自信を持ってテストに臨むことができた。今ま
でで一番の手応えだった。
合格発表の日、高校の掲示板で自分の番号があるのを確認し、エイメイへ行って結果を報告すると、
先生が自分よりも喜んでくれて「よくやった!」と言ってくれた。仲間からも「おめでとう!」と言っ
てもらい、ようやく合格の実感が湧いてきた。ここまで努力をしてきて本当に良かったと思った。
もうすぐ高校という新しい世界での生活が始まる。今まで一緒に学び、楽しみ、笑いあった仲間たちと
の生活は終わってしまったけど、ここで出会った仲間、先生たちから学んだ努力することの大切さ、上
を目指し続ける向上心を忘れず、高校でも頑張っていきます。先生方、今まで本当にありがとうござい
ました。今の僕には大きな力があるわけではないけれど、高校、大学と力をつけ、必ずエイメイに成長
した姿を見せに戻ってきます。


県立 所沢北高校合格 谷津杏樹(三芳中卒)
私は、エイメイに入る事ができて本当によかったと思います。エイメイに入る前と後では色々な面で
考え方が変わりました。授業が楽しくわかりやすく、宿題が辛い時もあったけど、塾に来るのが好きで
した。先生や先輩の言葉に刺激をもらい、色々なことをやってみようと思う事ができました。全てこの
エイメイのおかげです。
私がよく印象に残っているのは中三の夏期講習です。部活がまだあったので授業に出られない時が多
い事に気付いてとても不安になり、とても悩みました。でも私の話を聞いた先生は「部活を全力でやっ
て欲しい」と言ってくださって、勉強も部活もどちらも頑張ってみようと思う事ができました。そして
夏期講習が始まりました。汗をすごくかきながら授業に遅れて来る私を周りの友達みんなが下敷きであ
おいでくれたことは絶対に忘れません。そして出られなかった分の授業を毎日補習してくださったこと
も、絶対に忘れません。
私はとても迷惑をかけたと思います。不安になって親と二人で相談にきたこと、補習をたくさんして
もらったこと、あげていくときりがありません。エイメイには何もあらわせないくらい感謝の気持ちで
いっぱいです。今年が始まったくらいからずっと筆箱の中に入れていた3Tからのメッセージ、入試前
日、友達と頼んで書いてもらった色々な先生からのメッセージ、このお守りが入試の日にすごく勇気を
くれました。安心させてくれました。良い宝物をもらうことができたなぁと思いました。
このお守りとこの塾での思い出は一生忘れる事はないでしょう。これから先、辛いことがあってもこ
の塾の思い出は一生忘れる事はないでしょう。これから先、辛い事があってもこの塾の思い出を思い出
します。大切な仲間と先生に出会うことのできたこの塾が、私は大好きです。


公立 市立川越合格 大塚亜美(三芳東中卒)
私の受験勉強は大変なことが沢山ありました。私の行きたい高校は倍率が他の高校よりも高く、合格
するのにとても厳しい状況でした。自分なりに勉強するものの、なかなか結果に出ず、精神的にも追い
詰められていました。特に理科と社会の暗記科目の偏差値が上がらず5教科の平均偏差値の数値を下げ
てしまっていました。北辰の結果がでは安全圏だったけど油断したらもっと下がってしまうと思ったの
で家に張り紙をして一生懸命頑張りました。何度も何度もくじけそうになったり、休んで一人だけおく
れてしまったり、模擬テストの結果が悪かったり辛い事がたくさんありました。そんな時、いつも支え
てくれたのは、エイメイの先生、そしてクラスのみんなです。授業がおくれた時や、テストが近くなっ
たとき、エイメイの先生はみんなのために補習をしてくれました。クラスのみんなは、私が落ち込んで
いる時に、声をかけてくれました。「大丈夫、一人じゃないよ。一緒に合格しようね。」
私はそんな先生やクラスの人たちの後押しがあったから今まで以上に頑張って合格するという気持
ちを高める事ができました。あの時、諦めなくて本当によかった。全力をつくしてよかった。私が合格
できて、すてきな高校生活を送れているのはエイメイがあったからです。
私はみんなに絶対にあきらめないで最後まで全力を尽くしてほしいです。そして周りに仲間がいるこ
とを忘れないでほしいです。辛い事が沢山あると思うけど、やればやっただけ自信や結果につながりま
す。自分が後悔しないためにも、本気で受験勉強をし、いい結果が得られるように頑張ってください。
応援しています。


「塾なんてどこでも同じ?エイメイ学院は違いました。」

小学校時代の我が家の教育方針は、1遊ぶこと、2スポーツをすること、3勉強することでした。遊
びの計画が立てられない奴にイヤな勉強の計画なんて立てられやしないという考えからです。ですから
時として連休などで勉強をしていると、勉強しなくていいから遊ばなきゃ駄目だとしかる始末。そんな
小学校生活は、よく遊びスポーツを頑張り勉強も自分なりに頑張り、それなりに充実した毎日だったと
思います。そしていよいよ受験を三年後に控えた中学校時代がやってきました。しかし息子の中では、
遊ぶことが1番優先ですから、さすがに今までのようにはいかず、成績はだんだん下降気味。なんだか
わからないけど、皆が行くから自分も塾に行くということで○○塾に行くことになりました。しかしそ
の塾は出来ないと本の背の部分で頭を叩くような塾で、息子もやめたいとのこと。私も当然やめちゃえ
ということで、塾は1ヶ月でおしまい。それから低実力のまま1年が過ぎました。どこを受験してもい
いけれど、良い友達を作れる学校にと思うと、5 段階の真ん中ぐらいは目指さないといけないな、と思
い、しかしこのままでは難しく、本人の中に受験に向けて塾の必要性が出てこなければ意味がないとも
思いました。次の中間テストまでは我慢しましたが、本人の成績も下がり、絶対マズイので塾に行くと
いうことになり、友達が行っているエイメイ学院という所に早速話を聞きに行きました。内容は、「こ
の塾は出来ないと頭を叩いたりするのですか? 」でした。その時いらした先生は質問の内容にビック
リした顔をしながら「そんな事はありません。」と答えてくれました。我が家の塾選びは楽しく通えれ
ばどこに行っても変わらないだろうぐらいのものでした。
エイメイ学院に通い始め、塾はどうかと聞くと、楽しいとのこと。それならいいじゃないかと一安心。
1学期の期末テストは成績が少し上がりました。2学期に入りいよいよ内申・偏差値と重要なシーズン
に入り、本人もまわりも緊迫した毎日が始まりました。塾はというと、とにかく楽しい。時には先生の
昔話の時間もあり、生徒達も緊張から開放される時がたびたびありました。中学から帰ってきて、又、
夜塾に勉強しに行くという重たい雰囲気はまったくなく、今夜も、勉強もするけど先生の面白い話も聞
きながら友達と共に学べるという感じでした。すると、学校の成績はみるみるうちに上がり、本人もや
る気でいっぱいという感じになりました。教育とはこれだと思いました。殴ってでもやらせるのではな
く、やる気にさせるのです(馬を水のみ場に連れて行くことは出来ても水を飲ますことは出来ないという
事)。家ではエイメイの授業は最高に楽しいとよく話していました。たまたま入った塾がそんな塾だった
のはラッキーでした。塾を選ぶことは、これからイロイロな勉強をしていくのに大変重要なことだと思
いました。勉強自体が好きでなくても、勉強の方法を考えるのが好きになれれば、高校、大学、社会人
と、いつでも役に立つと思います。
2年生の11 月23 日に塾の授業参観があり、参加してみました。これがエイメイの授業かと、もの凄
いパワーを感じました。今日1 日を大切に生きることの素晴らしさ、勉強だけではなく、部活も友達も
遊びも本気になって一生懸命やれとの指導。また、塾スタート時の苦労話などは、子ども達の心も感動
させ、直後に行われた期末テストへの、もの凄いやる気へとつなげてくれました。また、運動会等の学
校行事があれば、朝から応援にきてくれて、こんな塾は他には絶対ないと思います。
人間関係は相手を認めるところから始まります。先生と生徒も同じです。生徒のレベルはそれぞれ違
います。そのレベルを把握し、レベルにあった目標となる高校に向けての勉強のやり方を教えていく。
3年の2学期の期末テスト前、塾長との三者面談の時にも感じましたが、生徒の気持ちを聞き出すまで
忍耐強く待つ対応。また話のレベルは、近い歳の者どうしの会話のように話を聞き出していくのです。
息子はこの時点では第1志望には内申で3足りず、偏差値で5 ぐらい足りませんでした。第2志望は私
立で単願であれば問題ないとの事。親としては単願で私立でいいのでは、と思いましたが、本人が内申
も偏差値も上げてみせると言い、実際に上げて見せ、エイメイパワーの凄さをまざまざとみせつけられ
ました。1年の1学期では考えられない成長だったと思います。エイメイ学院の先生達に会えたことは
本当に素晴らしいことだったと思います。ありがとうございました。塾はどこでも同じではありません。
しっかり選ばなくては!!


生徒や保護者様からの声 |口コミ・評判