Youのウラばなし 〜なぜ “1人” なのに “are” なのか〜

今日は、You のウラばなし。

f:id:shima-nju:20200816140131p:plain

o助

「やあ、みんな!

僕はo助!

 

 

 

Y と U は…

飛び道具さ!

 

 

 

 

最近さぁ、悩みごとがあって…

聞いてくれる??

 

 

Youの意味には、

 

 

[あなた] とか [あなたたち] っていうのがあるよね!

 

 

やっぱり有名なのは、[あなた] って方だと思うんだけど、

 

 

 

 

みんなさ、

 

 

なんで[あなた]って1人しかいないのに、

 

be動詞は”are”を使うんだろう??

 

 

I には、amを使うのはいいじゃん?

 

 

それ以外の主語のときは、

 

1人しかいなかったら、is

たくさんいたら、areになるよね!

 

 

 

このルールに従うと、

 

you are じゃなくて、you is なんじゃない!?

普段、複数に対して使うareが、なんでyouの時も使うんだよーーー!

 

 

 

 

モヤモヤする~。

 

モヤモヤしすぎて朝も起きれない。」

 

 

喋りだす Y

「うるせーな!! 朝は起きろや!!」

 

 

o助

「うわぁ!

 

喋りだすなんて、台本には書いてなかったよ!!」

 

 

喋りだす Y

「台本とか言うなって。

 

そのモヤモヤ晴らしたら、元通りの日常が戻ってくるって。、」

 

 

o助

「ぼくの悩みを解決してくれるのかい!?

 

一体なんで、youは”1人”なのに”are”を使うんだい!?

 

 

喋りだす Y

「実は、昔は [あなた]と[あなたたち]は別の単語を使っていたんだ。

 

 

o助

「ん!? え!?!?

どういうこと!?!?!?」

 

 

喋りだす Y

「[あなた]、[あなたたち]

 

すなわち、相手のことを難しい言葉で、2人称っていうんだけど、

 

 

現在では、2人称単数(あなた) も2人称複数(あなたたち) も両方you だよね。

 

 

 

でも、ほんとうは、それぞれ別の単語を使っていたんだ。」

 

 

o助

「じゃあ、もともと[あなた] を表す2人称単数の単語はなんていうの??」

 

 

喋りだす Y

thou だよ!!

 

読み方はザウ。」

  

 

o助

「そんなのがあったのか!!

 

でも、スペルは you と似てるね。」

 

 

 

喋りだす Y

「活用は、thou、thy、thee、thine

 

これらが[あなた] っていう2人称単数を表したんだ!!

  

 

o助

「アイ、マイ、ミー、マインと似てるな。」

 

喋りだす Y

 「逆に、[あなたたち] のほうが ye(のちにyou)

だったんだね。」

  

 

 

o助

「なるほど。

 

もともと you は 2人称複数を表す単語だから be動詞はareを使うのか!!

 

 

でも、なんで[あなた] と [あなたたち] が一緒になっちゃったんだろう??

 

 

まあ、その方が簡単で助かっているけど。、」

 

  

 

喋りだす Y

「お!

 

その理由は、たぶんそれがあっていると思うよ!

そのほうが、簡単だから。

 

 

いろいろな説があるけれど、

 

そのひとつは、ローマ帝国後期の軍人皇帝時代を収束させた、

あのディオクレティアヌス帝の説があるよ!!」

f:id:shima-nju:20200816170358j:plain
ディオクレティアヌス帝(Wikipediaより)

o助

「え、だれ。?」

 

 

喋りだす Y

「彼の時代、広大に繁栄したローマ帝国を4人の皇帝で治めようっていう四帝分治制を始めたんだ。

f:id:shima-nju:20200816170440j:plain
四帝分治制

もともと皇帝は1人だけだったから、[あなた] でよかったんだけど、

 

 

いつしか目の前の皇帝を呼ぶのに、4人合わせてという意味を込めて[あなたがた] と呼ぶようになったらしいよ。」

 

  

o助

「なるほどー!!

 

 

それで、youを使っているうちに、

 

[あなたがた] が 目の前の1人を指す表現になっていったんだ!

 

 

それが、民衆にも広まっていつしか、[あなた] のポジションも you が勝ち取っていったんだ!!

 

 

もともとyouには、are を使うから、[あなた] は1人だけだけど、areを使うようになったんだね!

 

 

 

 

 ★今日のウラばなし★

・もともと2人称単数はthouで、2人称複数がyouだった。

・いつしか、youが2人称単数の[あなた] の地位を奪い、be動詞はそのままareを使った。

 

 

 

 

o助

「素朴な疑問を言い出したら、止まらないよ。

 

僕には関係ないけれど、3人称さんたちは大変だよ。

 

 

単数か複数かで、動詞の形が変わっちゃうんだもん。

 

また聞いていいかい!?」

 

 

 

 

喋りだす Y

「おやすみ。」

 

o助

「えっ!?!?!?」

———————————————————————

↓ ↓ 関連記事 ↓ ↓

shima-nju.hatenablog.com