【みずほ台ASK】自習室の空気は、そこにいる生徒たちが作る

↑コチラの続き

 

みずほ台校舎は3階の大教室が自習室となっております。

基本的に、テスト勉強や受験勉強などの自習において、1,2階教室の使用は許可しておりません。

これにはしっかりと意図があります。

 

それは、空気感を共有するためです。

 

自習室を分けて使うと、どうしてもそれぞれ教室に「空気感」が生まれます。

オーラとでもいうのか

その教室が醸し出す「雰囲気」と捉えて構いません。

 

当然、その雰囲気は使用者が作り出しているものです。

つまり自習する生徒が、その教室の空気をつくっている、ということです。

 

例えば中には親に「行け」と言われたから仕方なく、といった感じで来る人もいるかもしれません。

もちろん、自習室に来る理由はそういったものでも構いません。

 

しかし、中途半端な姿勢で自習室を使用すると、その態度が絶対に出ます。

例えばボーっとする時間が長かったり、勉強とは関係ない別の作業をし始めたり

中には、隣の人と話してしまったりなど

 

みずほ台では、自習室の使い方にたった一つのルールを定めています。

それは

そこにいる全員が、自分の課題に向かって集中する場所

であることです。

 

つまり、集中していない、という状態が、ルールに反しているのです。

 

だからといって、厳しく問い詰めるということはしません。

長い時間集中を続けることは、大人にだって難しいのです。

(もちろん、あまりに酷い場合はしっかりと伝えますが)

 

大事なことは、自分自身が集中するよう努力すること

そしてその集中する時間を徐々に長くしていくこと

 

これが出来るからエイメイみずほ台は成績が上がります。

みずほ台の生たちは、全員等しく、集中します。

そのときの教室の空気

素晴らしい緊張感です。

 

最初は、勉強に集中することに苦戦するかもしれません。

しかし、やり続ければ絶対に出来るようになります。

そしてそれは結果となって必ず現れます。

 

ぜひ皆さん、自習室に参加して、その雰囲気を「作る側」になっていってくださいね。

この記事を書いた人

村上飛鳥ASK

エイメイ学院・Luce個別指導みずほ台にいる数学教師ASKです。
EIMEIグループ全体の数学科の責任者です。
公立私立問わず毎日、数学の入試問題を解いています。
定期テスト対策・公立高校入試から、難関私立・国立高校まで幅広くご対応いたします。