子どもが望むこと

先日、山梨県にキャンプに行きました!

 

 

友人の家族と、弟の家族と

 

 

そこには、林間を活用してハイジのようなブランコであったり、

 

 

ターザンロープであったり、

 

 

いろんな遊具がありました。

 

 

そのキャンプ場最大の目玉は、

 

 

大きなトランポリンで、子どもたちは順番にそのトランポリンで遊んでいきます。

 

次のお友達が待っているから、まだ遊びたいけど交代。

 

 

交代するときには、「どうぞ!」と「ありがとう!」の言葉のキャッチボールに笑顔になる大人!

 

 

本当に、にこやかな雰囲気になりました!

 

 

そんななか、どこかの女の子4歳くらいかな?

 

 

が、1人でトランポリンをしていたんです。

 

 

何も言わずにただ無言で飛び跳ねる。

 

 

表情は無表情でした。

 

 

しかし、その後お父さんがトランポリンに近づいてくると、

 

 

女の子の表情は一変し、

 

 

「パパー!見てー!こんなに高く飛べるよー!」

 

 

一気に笑顔あふれる表情になりました!

 

 

そこで改めて思ったんです!

 

 

やっぱり、誰かに見てもらっていることってとても大切なんだ!

 

 

見られているから、子どもは次のチャレンジに気持ちが向かうんですね!

 

 

大人になると、どうしてできないことに目が向きがちだし、

 

 

できて当たり前のことに言及しなくなってしまうものです。

 

 

いつまでも、子どもの「できた!」に喜べる存在でありたいなと思います!