みずほ台塾長物語 第2話

エイメイ学院では、定期テスト前や学年の勝負所でイベントを行うのが恒例なのだが、

そのイベントでも大切なワンコーナーを頂き、いつもとは違ったシチュエーションのなか、

人前で話をすることであったり、会の空気を感じながら話をしたり、

気づけばそのときに自分の紹介を当時の塾長がしてくださり、性格や人柄なども合わせて紹介していただけたから、

その後1人で進行をするときに、保護者様が温かい目で見てくださった。

こうしていろいろなことを任されてきた。

当時のエイメイ学院では、三大イベントというものが存在した。

①中2の秋に実施する【中2特別授業】

②中3秋に実施する【受験生激励会】

③中3大晦日から元旦にかけての【年越授業】

のことで、中2の特別授業のすべてを任されることになった。

それまでは、前説だったり(なんで塾のイベントに前説が必要かはわからないが。。。)

事前の準備でサポートをしていたが、そのすべてをやるとなると何をしていいものかわからなかった。

幸いにして、数年前よりビデオで録画をしており、過去の動画を見ることができたのでとにかく何度も見た。

すべてのセリフの文字起こしをした。

 

 

《つづく》