不正行為をする必要はない

数年前、近くの学校でカンニング事件がありました。

カンニングをした生徒は、試験監督にバレて、呼び出しをされたようです。

生徒曰く、まじめな生徒だったそう。

テストで点数を取ることは大事ですが、カンニングまでして取るものではない。

カンニングなんかせずに、正々堂々と勝負しようと生徒たちには伝えています。

また、エイメイ学院では、結果だけみるのではなく、過程をしっかり見ます。

学校のワークを期限までに3周終えたとか、

学校から帰ってきて、2時間家庭学習が続いたとか、

過程を認めます。報告するフォームがあったり、チェックするシートもあります。

さらに、テストは自分がどれくらい理解しているか見るためのものです。

一生懸命に勉強して、その後にわからない問題は仕方がない。

わからない問題があり、テストの点数が低ければ、原因を分析して次回に活かせば良いのです。

でも、カンニングして点数が良いと、自分の理解度もわからない。

解き直しもできない。

そうすると、一時的には点数が良くても、実力はつきません。

テストでカンニングをして良いことは一つもありません。