EIMEIの強みは、朝礼暮改。(「もしも徳川家康が総理大臣になったら」より)

#ちびぬま先生のブログ

 

今、こちらの本を読んでいます!

 

 

 

 

 

 

  

 

 

『もしも徳川家康が総理大臣になったら』

 

 

日本の偉人たちがAIにとして蘇り、徳川家康率いる最強内閣が、コロナという緊急事態下にある日本を先導していく。

 

といった感じのビジネス?歴史?小説です!

 

なかなか面白いです ^ ^

 

 

 

 

 

その中で、石田三成が言うんですね。

 

 

 

 

「間違いは後で正せば良い。今はまず手をつけよ。」

 

 

  

 

 

 

 

まさにその通りだなぁと、強く感じました。

 

 

 

 

戦国時代においては、戦局は常に変わり、完全な予想などできない。

情報が入るのを待って動かないでいたら、あっという間に攻め入られ、、、

 

なんてことになってしまうんですね。

 

 

 

 

 

今のコロナ禍も同じ状況だなと。

 

 

コロナの感染拡大、緊急事態宣言、学校の分散登校など、先が読めないことばかり。

 

かと言って、

「先が読めないから決められない」

と手をこまねいていたら、あっという間にパンデミックになったり、取り返しのつかない状況に追い込まれたり。

 

 

 

 

 

 

だから、先が読めない状況の中では、

 

 

 

 

 

「今ある情報を元に、最善の決断をし、即実行。」

 

 

「状況が変われば、すぐ改善、即実行。その繰り返し。」

 

 

 

 

 

 

が大切だと、改めて感じました。 

 

 

 

そして、正にそこが、EIMEIグループの強みでもあります😊

 

 

 

 

昨日決定したことでも、今日より良い方法が見つかれば、

 

 

朝礼暮改。

 

 

 

すぐに修正、実行するのがEIMEIです。

 

 

 

 

 

今回も、緊急事態宣言の延長、来週からの学校の対応を踏まえ、

今ある状況の中で、最善の決定をして、サポートしていきます!

 

 

 

 

連絡が多くなり、混乱することもあるかと思いますが、その際はお問い合わせください!

最善を尽くして対応させていただきます🙇‍♂️

 

 

 

引き続き、ご協力よろしくお願いいたします!!