【ソヨカふじみ野】新しいクラスが不安な君へ

 

「担任○○先生とか、最悪だ…」

 

 

「○○とクラス離れちゃった…」

 

 

「話せるやつ誰もいねーよ!」

 

 

クラス替えのとき、毎年のように聞くこれらの言葉。

 

 

そういった気持ちを態度や言葉にしてしまったら、

 

 

相手はより君と距離を取るかもしれない。

 

 

そうすると、より馴染みにくくなって…

 

 

 

 

 

「合わない」という言葉は、周りが合わせてくれるのを待っている、「受け身」の言葉だ。

 

 

そういう言葉や態度を出してしまったいるのなら、はっきり言おう

 

 

君はまだ幼い

 

 

だからこそ、「合わない」と言って逃げてはいけない。

 

 

でも、合わせるってことは我慢してストレスを貯めることじゃない。

 

 

合わせることで、相手の新しい一面や、意外な部分が見えることがある。

 

 

それは、自分にも相手にもプラスの影響がある。

 

 

そうやって、少し考え方を変えるだけで全然気持ちが変わってくる。

 

 

すると行動も変わってくる。

 

 

そしたら、自然と今のクラスもいいなって思えるようになるんじゃないかな!

 

 

 

 

この記事を書いた人