令和なのに、なぜ昭和の日?

#ちびぬま先生のブログ

「昭和の日って何?」

「なんで令和なのに、昭和なの?」

先日、小学生が質問してくれました😊

もしかしたら、「今まで生きてきて、祝日としては堪能するけれど、詳しくは知らない!」

という人の方が多いかもしれませんね!

子どものように、当たり前のように思えることにも疑問をもつ
というのは、とても大切だと思います!

正直、僕もよく知らなかったので、調べました(笑)

4/29 : 昭和の日は、その名の通り

「昭和天皇の誕生日」ですね!

なぜ令和なのに昭和の日が残っているかというと、


すでに4/29はゴールデンウィークの一貫として日本人の生活に根付いていて、そこを平日に戻すと皆の負担が増えるから

という理由があるそうです。

ちなみに、
明治天皇の誕生日、11/3は「文化の日」として残っていますね。

一方平成天皇の誕生日12/23は、昨年、30年ぶりに平日に戻り、

令和天皇の誕生日2/23は祝日になりました!

他にも、季節のイベントなどは、由来や何の目的なのかを生徒に伝えるようにしています。

そういう季節感も大切にしていきたいですね^ ^