【鶴瀬校】残り20回。

#よこちんのブログ

 

タイトルにある残り20回。

 

なんの数字かわかりますか。

考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

20回。

これは、1月中旬。

私立入試が始まるまでにある、

土日の回数です。

 

意外と多いですか??意外と少ないですか??

 

受験生にとって、土日のというのはとても貴重なものです。

なぜなら、自由に使える時間がたくさん取れるからです。

 

もうすでに学校が始まったのでわかるでしょうが、

学校がある平日は、自由な時間というのはほぼありません。

朝から学校があり、帰ってきたらすぐエイメイ。

 

授業が終われば課題が出ますので、それを夜やる人もいれば、朝早く起きてやる人もいるでしょう。

 

授業は受験において大切なことを伝える貴重な機会なので、

それが平日は毎日だ、とぜひ覚悟してください。

 

2学期は、夏休みのようにまとまった勉強時間を確保することは難しいです。

自由な時間が取れないからこそ、土日の使い方が大事になってくるわけです。

 

 

 

もちろん、その時間で各教科の課題をやる時間を取るのも当然のことですが、

 

自由に空いた時間は、自分の弱点だったり、やりたい勉強をするチャンスなんですよ??

 

苦手としている教科・科目ありますよね。そのために今できることはなんでしょうか。

 

受験生の9割は自分に甘い。

受験生というか、自分も含めて人間みな、自分に甘いです。

大人でも自分に甘くて、他人に厳しい人はたくさんいます。

 

 

しかも、怖いのは大人になればなるほど言い訳がうまくなるので、「自分に甘いこと」を正当化できるようになります。「忙しい」とか「いまじゃない」とか。

 

だからこそ、誰しもが、理想の自分と弱い自分の狭間でもがき、葛藤し、苦しむのです。

 

 

 

話を戻して、

自分を律すること、自分に厳しくすることは、受験で培うことができるものです。

 

その自分への甘えが捨て去れるかが、この土日で問われます。 

 

 

 

こういう使える時間を使わずに、エイメイからの課題も終わらずに「自分のやりたい勉強ができない」という受験生が数年に一度いますが、甘えないでもらいたい。

 

 

先ほど、残り20回が土日の数と書きましたが、

高校の説明会・文化祭・相談会や北辰テストなどの模試、その他行事のことを考えれば、

 

実質、本当に自由に使える土日は、15回ほどなのではないでしょうか。

 

今日、君らが過ごそうとする、“ただの”土日は、

本当に“貴重な土日”であることを理解してください。

 

そのうえで、君らに問います。

 

君は、朝起きて、また寝るまでに、何を成そうとしましたか。

今日、何をやり遂げようとしましたか。

 

ましては、北辰テスト1週間前です。のんきなことは言ってられませんからね。

目標を掲げ、為すべきことをなしましょう。

この記事を書いた人

yoko

エイメイ学院数学科・EIMEI-TOP代表の横山です。
EIMEI-TOPは難関公立受験をサポートする塾として、富士見市・ふじみ野市・川越市で結果を出してきました。浦和・大宮・浦和一女など公立上位に限らずお茶の水女子大附属、早稲田本庄、中央大附属など難関私立も直接の指導実績あり。日々、数学の入試問題を解き自己研鑽に励んでいます!