【みずほ台ASK】その緊張感は心地よいかどうか

昨日のこの話

 

いくつか補足があるので述べておきたいと思う

 

 

まず自分が何よりも優先するべきこと

 

頑張りたい人が一番居心地の良い空間であること

 

ここは譲れない

 

 

しかしながら、それを追求するあまり

 

 

頑張っている人が、かえって窮屈になっているのであれば

 

 

それは俺の落ち度であり、大変に申し訳ない。

 

ですので、もしそうなっている人がいるのであればごめんなさい。

 

俺の言い方に問題があるのであり、深く反省せねばならないところだ。

 

 

誰にとっても心地良い緊張感を作っていくには

 

まだまだ俺は未熟だ

 

あっちを立てればこっちが立たず

 

そんな状況を生んでしまっている。

 

 

 

ただ、

 

全員にとって心地良い緊張感で

 

かつ、結果に対して真剣である空間

 

それを諦めるつもりは1ミリもない。

 

その姿勢は生徒たちにこれからも伝えていくつもりでいる。

この記事を書いた人

村上飛鳥ASK

エイメイ学院・Luce個別指導みずほ台にいる数学教師ASKです。
EIMEIグループ全体の数学科の責任者です。
公立私立問わず毎日、数学の入試問題を解いています。
定期テスト対策・公立高校入試から、難関私立・国立高校まで幅広くご対応いたします。