【みずほ台】小学部算数の様子についてご報告

こんにちは、みずほ台校舎で小学生算数・国語を担当している村上です。

算数の授業では、学校の内容に合わせて授業を進めています。

 

小学6年生は学校内容が終わり、3学期で中学準備のために総復習する頃です。

小学5年生は割合の単元に入りました。こちらは小学算数で最も重要で、理解に時間がかかる部分です。

どちらもしっかりと定着するために、問題に多く触れることがポイントです。

 

エイメイ学院では

学校で習った内容の単元を学習

宿題で同じ単元のドリル

次の授業で確認テスト(不合格の場合再テスト)

 

と同じ単元の問題に多く触れる機会を取っております!

このサイクルで学校内容をしっかりと定着させ、カラーテストで高得点を取ることを目標にしています。

 

この中でも大事になるのが「宿題でのドリル」です。

ドリルでは、見開き1ページですが、充分な量の練習ができます。

小テストの練習にもなっているため、ドリルでの取り組みが小テストやカラーテストの結果に直結します。

生徒の皆さんは非常に意欲的にやっており、全員が宿題を完了しています。素晴らしいです!

 

しかし、一方で取り組み方に差があるのも事実。たとえば

 

・やってはいるものの、丸付けはしていない

・丸付けはしたものの、間違えた所は赤で書くだけで解き直しはしない

・間違えたところをもう一度解き直す

・わからないところは直ぐに答えを見ずに粘り強く考え、ときには冊子のお手本を参考に解く

 

など様々な生徒がいます。

当然、小テストの結果には差があります。

 

保護者様はぜひ、結果だけでなくお子様の取り組み方に注意して見てみてください!

ご家庭ではなかなか集中して取り組めていない、という場合は授業前の時間を是非ご活用ください。

自習室は夕方常に開放しております。早めに来てテストの準備をすることも出来ます!

 

ご家庭での取り組みについて気になることがある場合は、我々にご連絡くださいませ。

引き続きよろしくお願いいたします!

この記事を書いた人