【鶴瀬校】「私、頭悪いから…」

#よこちんのブログ

 

「頭が悪いから、成績が心配です…」

 

そんな相談を生徒から受けました。

 

僕は、その子にこんなことを伝えました。

ーーーーーー

「頭が悪いから」と、自分を蔑むようなことを言うな。

 

なぜか。

 

成績が悪い理由は、

「勉強時間が足りないから」

「勉強方法が悪いから」など、

 

改善できる理由だから。

 

頭が悪いからと言っていたら、そこから改善のしようがない。

 

例えば、、、。

バレーボールで上手くなれない理由を「背が低いから」って言っていたら、

 

バレーボールやらない方がいいよね。笑

 

レシーブを練習したり、高くジャンプできるように練習したり、

身長が低いなら低いなりの戦い方がある。

 

例えばダイエットで、

「私太りやすい体質だから!」と言って、運動もせず、食事の制限もしなかったら、

 

痩せるわけない!!!

 

もちろん、いろんな子がいて、

 

 

授業で1回聞いただけで理解できる人もいれば、10回聞かないと理解できない人もいるよね。

 

勉強において、その差はないとはいわない。

 

しかし、それが「成績が悪い理由」にならない。

 

と、僕は思うんだ。

 

そして、何より自分という1人の人間を大切にしなさい。

 

「自分への悪口」は決して良いことはないんだよ。

 

ーーーーーー

この子には、しっかり理由を伝えて、そういうことを言うなと伝えました。

 

その子は、スッキリした顔で帰って行きました。

 

 

 

ここからは大人に向けて書きます。

 

この子はなぜ「自分は頭悪いから」という発言をするようになったと思いますか?

 

それは。

 

学校の先生かもしれないし、親かもしれません。

 

この子の周りの大人がそういう言葉をこの子に向けるからです。

 

直接「頭が悪い」と言わなくても、

 

「なんでこんなこともできないの」

「なんでこんな点数を取ってるの」

「〇〇ちゃんはあれもできて、これもできるわよ」

 

こんな言葉を子どもにかけるんです。

 

そうやって周りの大人が「頭が悪い」というレッテルを貼り続けた結果なんです。

 

言葉の重みは、この仕事をしてて痛いほど知っています。

 

親や先生はね。

 

多少大袈裟でもいいから、

 

「これもできるのね!私が中学生の時はできなかったなー!」

「すごいね!頑張ってるね!」

 

ちょっとでもできてる所があれば

「これができるのはすごいよ!」

 

そんな言葉をかけてあげるべきです。

 

それがその子にとっての「魔法の言葉」になるはずですから。

 

 

今日はこのへんで。