学生生活で最も大切な試験(テスト)は?

#ちびぬま先生のブログ

あくまでも僕の意見ですが、

「高校1年生の最初の定期テスト」

だと断言します。

高校入試、大学入試の方が大切か?

確かに大切ですが、

・本気で考えた進路
・本気で頑張り抜いた受験

のどちらかであれば、

合否の結果にかかわらず、その後の自分次第で「この学校でよかった」と、その選択を正しいものに変えていけると思います。

では、なぜ「高校1年生の最初の定期テスト」なのか。

それは、

自分の殻をぶち破る最大のチャンス

だからです。

中学は学力層がバラバラすぎて、勉強が苦手な子は努力しても順位が出にくいこともしばしば。

でも高校は、自分と同じくらいの学力の生徒たちが集まっている。

つまり、「努力すれば高順位を狙える」ということ。

今まで勉強に苦手意識を持っていた人も、最初のテストに本気で努力して結果を出せば、


「自分でもTOPに立てるんだ!」という大きな自信

になる。

これは、勉強だけでなく、部活にも仕事にも、自分の人生で出会う全てのことに活きてくる「自信」になる。

たったそれだけのことで、本気で人生ガラッと変わってしまう人もいる。

実際、そんな卒業生が沢山います。

中学では5科300点前後だった生徒が、
「騙されたと思って、最初のテストに本気で臨んでみ?」と先生に言われ、高校でクラス2位を獲得。

その後もずっとクラス1位、2位を取り続けています。

しかも1人だけじゃないです。
同じような高校生が何人もいます。

ウソじゃないですよ!!

そこで「勉強は苦手だ」という自分の殻をぶっ壊せた生徒は、

勉強だけでなく、やはりいろんな場面で輝ける人に変わっていると強く感じます。

ソヨカの高校生先生もその1人ですね😊

逆に、最初のテストでコケると、
「やっぱり自分はこのくらいだよな」
と、そこからまた殻を破るのはより難しくなります。

結局、ずっと同じくらいの順位のまま…。

だから、高校最初のテストには

万全の準備をして、
全力で取り組んでほしい。

「だからエイメイの高等部に入りなさい」ってことでは、決してない。

「エイメイがなくても大丈夫」と言って卒業できるのが1番いい。

ただ…

本気で受験勉強に臨んで、掴み取った高校生活。


のはずが、高校に入って勉強習慣を身につけられず、何をしてても「勉強やばいな、、」という意識が頭の中の片隅にあるなか、学校生活を過ごす。

「エイメイにいた時は頑張ってたのになぁ」


そんな卒業生の姿を見たり、言葉を耳にしたりするのが、本当に辛い。

もう少し強く声をかけておけばよかったかな と思うこともある。

この春休み、思うように課題はやれているか?
勉強習慣は身についているか?

「今のみんなにとって、まだエイメイが必要なら、全力でサポートさせてほしい。」


ただその一心。

せっかく頑張って入った高校。
中学生のとき以上に輝いてほしい。
最高に楽しい高校生活を送ってほしい。

高校生活最初の定期テストが勝負。

もし少しでも不安があるなら、そのテストまでは全力でサポートさせてほしい。