【鶴瀬校】自分の勉強がしたい

「自分の勉強がしたいので、塾の課題はできません。」

 

こういう生徒は毎年、数人いる気がする。

 

1年生でも、3年生でもね。

 

 

これは

「塾の宿題で、学校の宿題ができない」っという声と似ている。

 

 

 

 

 

塾に通えば、

宿題なり、課題なりがどこの塾でも出るだろう。

 

難易度、量、それは塾によって様々だろうが、必ずでると思う。

 

 

それは、その塾の先生が成績を上げるために、

必死に考えだした「正解」なのだ。

 

 

今まで何百、何千と生徒を見てきて、毎年ブラッシュアップされてきた”正解”

 

 

もちろん、エイメイも

その時期に、その子にとって必要だと思った課題をだす。

 

 

その意味もしっかり伝える。

 

 

 

その上で、その宿題を放置して、”自分の勉強がしたい”というのなら

もはやその塾に通う必要がない、とさえ思うよ。

 

 

これは

見放す、見限るわけではない。

 

 

何度だって思いは伝える、過去の先輩の例もだす。

 

 

今まで何百人、何千人という生徒を塾は見てきてるんだから。

 

 

その子が、どういう行動をすればいいかなんて

わかるものさ。

 

 

 

 

それでも、塾に在籍しながら”自分の勉強がしたい”というのであれば

塾の宿題や小テストをしっかり結果出した上で、

 

 

自分のやりたい勉強をすればいい。

 

 

どんどん自分に負荷をかけていければ、当然成績もあがるだろう。

 

 

そこんとこ、よろしく。

この記事を書いた人

yoko

エイメイ学院数学科・EIMEI-TOP代表の横山です。
EIMEI-TOPは難関公立受験をサポートする塾として、富士見市・ふじみ野市・川越市で結果を出してきました。浦和・大宮・浦和一女など公立上位に限らずお茶の水女子大附属、早稲田本庄、中央大附属など難関私立も直接の指導実績あり。日々、数学の入試問題を解き自己研鑽に励んでいます!