【鶴瀬校】受験生にふさわしい努力の積み重ね。

 

#ヨネのブログ

 

夏期講習が始まって、

早いものですでに7日目が終了!

 

怒涛の学習を積み重ね、

その背中が、少し逞しくなったように思う。

 

今までとは全く違う自分を、

感じてるか?

 

勉強時間は、

午前の自学2時間、

授業で4時間半、

その後も3時間宿題をし、

終わらなければ自宅で勉強。

 

1日10時間以上、

まさに「勉強漬け」の毎日だ。

 

部活やクラブを続けている子もいる。

毎日仲間に追いつこうと必死に補習をしている。

 

そんな中でも、

笑顔が絶えないのがエイメイのいいところ。

宿題は辛いけど、授業は楽しい。

そして、大きな学びがある。

 

さらに、今年の受験生たちのすごいところは、

とにかく自習室の活用率の高さ。

 

朝10時からオープンし、

小学部の終わる11時頃には、

大半の生徒が集まり黙々と勉強している。

自宅学習で集中している子もいる。

 

人生は選択の連続。

今、どんな選択ができるか。

 

ここで本気になれるか、

こっそりサボるのか。

 

今、どの選択をするかで未来が変わる。

 

夏期講習、

生徒も、先生も、誰もが苦しい。

その道をきちんと選択できている。

 

苦しいのは、わかる。

ときに逃げ出したくなるときもある。

課題の多さに、

先生を憎く思うときも、

あるかもしれない。

 

でも、お前を導いてやりたい。

 

夏期講習の目標を、

一人ひとり発表してもらった。

そこへ、お前を導いてやりたい。

 

和樹が、

よこちんが、

わっきーが、

そして、ヨネが、

 

毎日、

「自分を変える」

「目標を叶える」

その想いに、必死に応えている。

ときに優しく、ときに厳しく。

 

先日の決意会で、

受験生への一歩を踏み出したと思ったら、

この夏期講習でもう、

受験生の階段を、一段飛ばしで登っている。

 

 

授業を除いた勉強時間。

これこそが努力の証。

この積み重ねが、新しいお前を作る。

 

 

【鶴瀬校】大きな大きな、はじめの一歩

https://www.eimeigakuin.jp/tsuruseblog/2262/