【鶴瀬校】小テストの意味

#よこちんのブログ

 

小学部の算数の授業では、

毎週小テストを行います。

 

この小テストは、”簡単”や“小さい”テストという意味ではなく、

細かいテストという意味を表します。

 

毎回決められたテスト範囲を決めているので、

そこに向けて「自分で」テスト勉強を行う必要があります。

 

生徒たちには、

そのテスト範囲の中でわからない問題があったり、できないものがあったら、

「自分で」どうにかするように伝えています。

 

もちろん、先生に聞くのもいいですし、友達・親に聞くのもありでしょう。

今の時代、ネットで調べるのもいいかもしれません。

 

中学生になってあれこれ指示されないと勉強できないのでは困りますから。

 

「自分で解決する」ということを小学生のうちから身に着けてほしいのです。

 

そして、前回行った2学期最初の小テストの結果は、

全体的に合格者も少なく残念な結果でした。

 

より熱を入れて勉強してもらうべく、

1学期では不合格者は、ペナルティの課題としていましたが、

 

今後もし不合格(70点以下)だった場合は、

毎週水曜日の17時~の補習日にて【 義務演習 】という措置を取らせていただきます

 

他の習い事などで、水曜日お越しになれない場合は、

以前と同じペナルティの課題となりますが、

保護者様より完了報告をいただけますようご協力をお願いいたします。

 

 

どうぞご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

yoko

エイメイ学院数学科・EIMEI-TOP代表の横山です。
EIMEI-TOPは難関公立受験をサポートする塾として、富士見市・ふじみ野市・川越市で結果を出してきました。浦和・大宮・浦和一女など公立上位に限らずお茶の水女子大附属、早稲田本庄、中央大附属など難関私立も直接の指導実績あり。日々、数学の入試問題を解き自己研鑽に励んでいます!