篩にかける

先日、EIMEI-TOP選抜模試の結果が返ってきた。

 

EIMEI-TOPとは、

エイメイグループの実力ある生徒のみを集って、ハイレベルな授業を受けられる制度。

 

 

 

 

対象は2、3年生。

既にTOP生としていた子も、これからTOPとして頑張りたいというチャレンジャーも受けた。

 

 

基準は5教科350点。

TOP生なら当然超えてほしいという点数。

 

 

”篩(ふるい)にかける”じゃないけれど、

TOP生として先頭で走り続ける生徒でいてほしいし、

上であぐらをかかない姿勢でいてほしい。

 

そういう願いも込めて。

 

 

 

 

 

そして、結果を返却。

 

 

 

もちろん余裕で基準を超えていた子もいたけれど、

 

惜しくも超えられなかった子もいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、終わりか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ちた子全員とひとりひとり面談をした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、基準を満たなかった。

 

もちろん基準を超えられる子が近くにいるし、不可能な試練ではなかったはず。

 

この結果は、今まで頑張ってきた君の一部だよ。

 

これを見てどう感じた??

 

そう問いかける。

 

 

 

 

 

ある子は、

悔しい。

一生懸命がんばっていたつもりだったけれど、

 

今思えば、まだまだサボっていたかもしれない。

 

 

 

 

 

ある子は、

自分の力を思い知った。

 

学校では上位だけれど、まだまだすごいやつがいる。

そういうやつにちょっとでも近づきたい。

 

 

 

 

 

 

 

そしてある子は、

完全に油断してた。

 

私ならできると思っていたけれど、甘かった。

もう一度、チャンスが欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう自ら言ってくれた子、

 

おれに熱い思いをぶつけてくれた子は

 

TOP生として再挑戦するチャンスをあげた。

 

 

 

何のための基準なんだと言われたらそれまでだけれど、

でも、彼らにとったら、この“篩”には大きな価値があった。

 

 

 

なぜなら、彼らの闘志に火をつけたからだ。

 

 

 

 

 

これからもみんなの力みせてくれ。

 

おれはとても楽しみだ。